口臭が気になる

口臭が気になっている人は少なくないと思います。

やはり人と話すのに口臭は気になりますよね。どういった時に口臭というのは気になりますか?

まずは朝起きた時に口臭が気になりませんか?

これはたいていの人がそうだと思います。どうしても寝ている間に唾液の分泌量が減ってしまい口の中にいる細菌が繁殖してしまう為に口臭がしてしまいます。

朝食を食べて唾液が分泌されれば自然となくなります。

またお腹がすいた時も口臭が気になりませんか?

これも同じです。食事をとることで唾液の分泌量が増えるのですが食事をとっていないと唾液の分泌量も減ってくるので口臭がしてきます。

他では風邪を引いたときや熱が出たときなども口臭が気になりませんか?

実はこれも唾液の分泌量に関係しているのです。

熱が出ると熱のせいで体の水分がどんどん出ていきますが、唾液の分泌量も減ってしまいます。

口の中の温度というのは細菌が繁殖するのにとてもしやすい温度なのでいつも流してくれていた唾液がなくなると繁殖してしまい口臭がしてしまうということになります。

ですから熱が出たときなどはいつもより多めの水分補給することをおすすめします。

また風邪が治ったり熱が下がれば口臭も除除に無くなっていくと思うので大丈夫です。

口臭がしたら病院へ

"口臭がキツイ場合には口臭だからと甘くみないで病院へ検査しに行くことをおすすめします。

口臭というのは口の中の汚れが原因でおこることが多いですが、そうでないときもあるのです。

口の中に汚れがたまっていても病院へ(歯医者さんへ)行かなければいけませんが、体が原因で口臭がする場合もあるので病院へ体の検査をしに行かなければいけません。

ですが外因的口臭といってニンニク料理などのニオイのキツイ食べ物を食べて口臭がするときやタバコを吸って口臭する場合には病院へ行かなくても大丈夫です。

これは時間がたてば自然に消えていくので心配しなくて良いと思います。

歯医者さんか病院かどちらも行くのは大変だけど口臭には悩んでいるひとには専門医に診てもらうことをおすすめします。

口臭専門医というのがあります。
口臭外来という病院に口臭専門医はいますから、近場を探していってみると良いと思います。

ただ保険が適用されない部分もあるので費用がやや高いと思います。事前に費用など確認しておくと良いと思います。

口臭外来で治療を受けて1回で口臭が無くなるということはないので覚えておいてください。

何回か通院しなければいけないと思うのでその辺も専門医と話し合って決めると良いと思います。

口臭と歯科の関係

口臭がに悩んでいる人は口の悩みなので歯医者さんへ行くひとが多いと思います。

歯医者さんへ行くのはもちろん間違いではありません。

口臭は歯科に関係しているのです。

口臭が起こる原因として口腔内ケアができてないために起こるとか口腔内の病気によって起こったりするので、十分歯科に関係しています。

口臭の原因としてもっとも多いのが口腔内ケアです。

身近なところで歯みがきでしょうか。歯みがきは磨いている「つもり」で実はプラークが取れていない人が多いのです。

プラークというのは食べカスですが、細菌も口の中にいるので繁殖していき口臭となって出てくるのです。

やはり定期的に歯科検診をかねて掃除してもらうことをオススメします。



次に口腔内の病気ですが、これは虫歯や歯周病のことを言います。

といっても虫歯があると診断されてすぐに口臭がしてくるわけではありません。

同じく歯周病も歯周病とわかったからといってすぐに口臭がしてくるわけではないのです。

虫歯や歯周病を放置しておいて状態が進行してしまった場合に口臭がしてきます。

ですから口臭がしてきて気付くということはかなり悪くなっているということになるので注意ですね。

口腔内の掃除にしても虫歯の治療にしても口臭には欠かせられないことなのでしっかり行うことをおすすめします。
タグ:口臭と歯科
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。