口臭測定してみましょう

口臭測定したことがありますか?

口臭測定というのは口臭測定する器械を使って自分が口臭有るのか無いのか、またどのくらいの口臭なのかがわかります。

私は口臭測定をしたことがあるのですが、あれは結構ドキドキしますね。

私は正常と出たので少しは有るかもしれないんですが、一般的ということでしょうね。

私が行った口臭測定器ですが、どのくらいの数値がどの程度の口臭なのか紹介していきたいと思います。

私が使った口臭測定器は「口臭測定器リフレス」という器械です。

まず0〜30ppmという数値がでたら口臭を感じないと判断します。

31ppm〜50ppmの数値が出たらかすかに口臭を感じると判断します。

51ppm〜70ppmの数値が出たら口臭が常に感じると判断をします。

71ppm〜90ppmの数値が出たら明らかに口臭を感じると判断します。

91ppm〜100ppmという数値が出たら不快感を与えるくらいの口臭を感じると判断します。

測定器が点滅していたら測定範囲を超えているので測定不能なくらいの口臭を感じると測定します。

測定器が点滅するほどの口臭がする場合は自分でも気付くんではないでしょうか。

この測定をきっかけに口臭改善をしなければいけませんね。
タグ:口臭測定
| 口臭治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。