歯槽膿漏と口臭

歯槽膿漏と口臭というのは関係があると思いますか?

口臭というのは口から出る臭いのことですが、やはり同じ口腔内に関係している歯槽膿漏にも関係はあるのです。

そもそも歯槽膿漏というのは歯茎の病気でもある歯肉炎と歯周炎とがあります。

自覚症状が無いのでほとんどの人が気付かず気付いたときにはすでに遅く歯茎がダメになっている場合が多いです。

もし歯茎が最近腫れているなと感じたら早めの歯科検診をおすすめします。

歯槽膿漏で口臭がしてくるというのは、歯槽膿漏と診断されたからといってすぐ口臭がするわけではありません。

歯槽膿漏が進んでしまった場合に口臭が発生してきます。

ですから自覚症状がないといっても口臭がしてきたら気付くと思います。

歯槽膿漏というのは10代から20代で60%もなっている人がいます。

50歳代はなんと80%の人が歯槽膿漏と診断されます。

その半数はきっと口臭もしていると思います。

この%でわかるように歯槽膿漏というのはとても国民的な歯の病気といわれています。

歯槽膿漏そして口臭にならないためには早期発見早期治療だ重要です。

歯は健康と思っている人でも歯槽膿漏にはなりますので、定期的に歯医者さんへ歯科検診をしに行ったほうが良いと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。