口臭と歯科の関係

口臭がに悩んでいる人は口の悩みなので歯医者さんへ行くひとが多いと思います。

歯医者さんへ行くのはもちろん間違いではありません。

口臭は歯科に関係しているのです。

口臭が起こる原因として口腔内ケアができてないために起こるとか口腔内の病気によって起こったりするので、十分歯科に関係しています。

口臭の原因としてもっとも多いのが口腔内ケアです。

身近なところで歯みがきでしょうか。歯みがきは磨いている「つもり」で実はプラークが取れていない人が多いのです。

プラークというのは食べカスですが、細菌も口の中にいるので繁殖していき口臭となって出てくるのです。

やはり定期的に歯科検診をかねて掃除してもらうことをオススメします。



次に口腔内の病気ですが、これは虫歯や歯周病のことを言います。

といっても虫歯があると診断されてすぐに口臭がしてくるわけではありません。

同じく歯周病も歯周病とわかったからといってすぐに口臭がしてくるわけではないのです。

虫歯や歯周病を放置しておいて状態が進行してしまった場合に口臭がしてきます。

ですから口臭がしてきて気付くということはかなり悪くなっているということになるので注意ですね。

口腔内の掃除にしても虫歯の治療にしても口臭には欠かせられないことなのでしっかり行うことをおすすめします。
タグ:口臭と歯科
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。