歯槽膿漏と口臭

歯槽膿漏と口臭というのは関係があると思いますか?

口臭というのは口から出る臭いのことですが、やはり同じ口腔内に関係している歯槽膿漏にも関係はあるのです。

そもそも歯槽膿漏というのは歯茎の病気でもある歯肉炎と歯周炎とがあります。

自覚症状が無いのでほとんどの人が気付かず気付いたときにはすでに遅く歯茎がダメになっている場合が多いです。

もし歯茎が最近腫れているなと感じたら早めの歯科検診をおすすめします。

歯槽膿漏で口臭がしてくるというのは、歯槽膿漏と診断されたからといってすぐ口臭がするわけではありません。

歯槽膿漏が進んでしまった場合に口臭が発生してきます。

ですから自覚症状がないといっても口臭がしてきたら気付くと思います。

歯槽膿漏というのは10代から20代で60%もなっている人がいます。

50歳代はなんと80%の人が歯槽膿漏と診断されます。

その半数はきっと口臭もしていると思います。

この%でわかるように歯槽膿漏というのはとても国民的な歯の病気といわれています。

歯槽膿漏そして口臭にならないためには早期発見早期治療だ重要です。

歯は健康と思っている人でも歯槽膿漏にはなりますので、定期的に歯医者さんへ歯科検診をしに行ったほうが良いと思います。

子供と口臭について

子供の口臭を気にするお母さんが多いですが、子供の口臭のほとんどは気にしなくて良いと思います。

子供の口臭の大きな原因というのはまずは口腔内の衛生面ですね。

やはりきちんと歯みがきができませんから汚れ、プラークがたまってしまい細菌が繁殖してしまって口臭の原因となります。

あと子供の口臭の原因で考えられるのは、風邪を引いた時などでしょうか。

子供に熱が出てしまい寝込んでしまったとき口臭がするなと感じたことはないでしょうか。

これは結論から言うと、熱が下がれば自然と口臭も消えるので大丈夫です。

というのも、熱が出ると水分が足りなくなりますよね?

それは口腔内にも言えるんです。

熱がでることによって唾液の分泌量が減ってしまいます。

唾液の分泌量が減ると口臭がするのか?とおもうかもしれませんが、唾液というのは口腔内にあるプラークや細菌などを流してくれる作用があるのですが、唾液の量が減るということは流されていた細菌などがまだ口腔内にあるということになります。

そうなってくるとその細菌が増えてしまい口臭が発生してしまうのです。

口の中の状態というのは細菌には繁殖の格好の場所となるので水分を多くとるようにします。

こういった原因が多いので深刻に悩む必要はありません。

口臭と芸能人

口臭は誰もが気になりますし、できれば防いでおきたいと思いませんか?

芸能人は人一倍口臭にも気を使っておかなければいけないでしょうね。

私たち一般人でも絶対誰かと会話をしますが、芸能人は逆に会話なしではやっていけないと思います。

テレビ番組にラジオ番組、雑誌の取材など、どれも人と接しています。

ましてやサイン会や握手会などといったファンと絡む時には好感度を下げないためにも気をつけなければいけませんよね。

歯のコマーシャルで歯の美白に芸能人が使われているのは見たことありますが、口臭のコマーシャルで出ている芸能人を見たことがあるでしょうか。

一昔前にやっていたアパガード。東幹久さんが「歯が命」とやっていましたね。

口臭ケアのコマーシャルならやっていますね。

「息すっきり〜」で一時期良く流れていた神田うのさんと筧利夫さんが歌っていましたね。

ですがあれは一時的に口の中が爽快感でいっぱいになるというもので口臭を取り除くこととは違いますね。

口臭関係のコマーシャルというのはだいたいが無名の方が多いと思います。

入れ歯の口臭のコマーシャルもよく見てみれば無名の方ですよね。

やはりイメージダウンとして考えられているのでしょうか。

逆に新鮮で購入する一般人も増えると思うのですが、もし好きな芸能人が口臭のコマーシャルに出ていたらみなさんはどう思いますか?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。